【書籍紹介】広がれ! 餃子キングダム (NHKテキスト) ムック

毎週月曜日は餃子の日!最高においしいおうちの餃子をつくりたい!

今や日本の国民食ともいえる「餃子」。その歴史は深く、中国さらにメソポタミア文明の小麦文化の誕生にまで遡るといわれるが、日本ではその歴史を超えて、各地方、各名店、各家庭でさまざま具材と工夫を練り込んだ餃子がつくられ、まさに百花繚乱の様相を呈している。そんな数多ある餃子のなかから、自分にとって最高においしい餃子をつくるために、餃子王・招待制餃子レストランオーナーシェフのパラダイス山元さんを講師に迎え、日本全国の餃子名店の工夫を探り、具材を一つ一つ吟味した、お家での餃子づくりに活かす技を紹介する。

#0 まずは、基本の焼き餃子
肉餡のつくり方、野菜餡のつくり方、包み方、焼き方
#1 焼き餃子1 野菜
キャベツ白菜餃子(肉入り)、キャベツ白菜餃子(肉なし)、野菜餃子
#2 焼き餃子2 肉
ラムパクチー餃子、サラダチキン餃子、フライドチキン餃子
#3 焼き餃子3 魚介
えびと白身魚とアボガドの餃子、ホタテの子ども餃子、サバ缶の餃子
#4 皮と包み方
皮のつくり方、変わり包み2種
#5 水餃子
海鮮水餃子、餃子鍋
#6 揚げ・蒸し餃子
フライドチキン餃子、かきの蒸し餃子
#7 全国の餃子
宇都宮・浜松・福島・神戸・八幡・高知・津・宮崎・高知・全国どこでも、変わらない味
#8 進化系餃子
卵サラダミニトマト餃子、羽根付きチーズ餃子、えび餃子、納豆生ハム餃子
ミニコーナー:シメに食べたい、スイーツ餃子
パンプキン餃子、フルーツようかん餃子、焼きいも餃子、いちごモッツアレラ餃子、板チョコサンド餃子、マンゴーフライド餃子、プリン餃子、エア餃子+アイスクリーム

著者について
パラダイス山元
招待制餃子レストランオーナーシェフ。1962年札幌市生まれ。2001年、招待制餃子レストラン「荻窪餃子 蔓餃苑」をオープン。餃子ファンや、国内外の星付きシェフが絶賛する〝進化系餃子〟を次々に発表。2022年「第1回焼き餃子協会アワード」大賞受賞。著書に『餃子のスゝメ』(マガジンハウス)、『読む餃子』(新潮文庫)、『うまい餃子』(宝島社)、『餃子の王様 最強レシピ』(プレジデント社)、英語版『GYOZA』(TUTTLE PUBLISHING) などがある。

パラダイス山元は、1962年11月19日生まれの日本のマンボミュージシャン、餃子店経営者、著作家、ラジオパーソナリティ。北海道札幌市出身。

1987年、富士重工業(現:SUBARU)に入社し、デザイナーとして4年間勤務。1991年に東京パノラママンボボーイズを結成し、メジャーデビュー。その後、パラダイス山元と東京ラテンムードデラックス、東京パノラマラウンジなどのバンドユニットで活動していた。

2004年、餃子店「蔓餃苑(まんぎょえん)」をオープン。2012年、著書「餃子の創り方」を出版。2014年、ラジオ番組「パラダイス山元の飛行機のある暮らし」をスタート。

パラダイス山元は、ラテン音楽を中心に活動するマンボミュージシャンとして、その独特のパフォーマンスと音楽性で人気を集めている。また、餃子店経営者としても知られ、自ら考案した「蔓餃苑餃子」は、宮崎県内外で人気を博している。さらに、著作家、ラジオパーソナリティとしても活躍しており、多方面で才能を発揮している。

パラダイス山元の音楽性

パラダイス山元の音楽は、ラテン音楽を中心に、ロックやポップス、ジャズなど、さまざまなジャンルを融合させたものである。その独特のパフォーマンスと音楽性は、多くの人々を魅了している。

パラダイス山元は、ギター、ボーカル、作曲、編曲を担当している。また、ステージでは、マラカスやコズミックビートなどのパーカッションも演奏する。そのパフォーマンスは、華やかでダイナミックであり、観客を熱狂させる。

パラダイス山元の音楽は、単にラテン音楽を演奏するだけでなく、そこに独自のエッセンスを加えて、新たな音楽を生み出している。その音楽性は、多くの人々を魅了し、パラダイス山元を日本を代表するマンボミュージシャンの一人として確立させた。

パラダイス山元の餃子

パラダイス山元は、餃子店「蔓餃苑(まんぎょえん)」の経営者としても知られる。蔓餃苑餃子は、パラダイス山元が考案したオリジナルの餃子で、宮崎県内外で人気を博している。

蔓餃苑餃子の特徴は、以下の3つが挙げられる。

地元産の食材をふんだんに使用
薄皮でジューシーな食感
独自の焼き方

蔓餃苑餃子の餡には、宮崎県産の豚肉、キャベツ、ニラ、ニンニク、ショウガなどが使用されている。また、皮は、薄くて軽い食感で、餡の旨味をしっかりと閉じ込めている。さらに、焼き方は、表面がカリッと、中はジューシーに焼き上げている。

蔓餃苑餃子は、パラダイス山元のこだわりが詰まった、宮崎を代表する餃子である。

パラダイス山元の著書

パラダイス山元は、著作家としても活躍しており、2012年に著書「餃子の創り方」を出版している。この本は、パラダイス山元が考案したオリジナルの餃子レシピをまとめたものであり、餃子好きの間で話題となった。

「餃子の創り方」では、餃子の皮の作り方から、餡の具材や味付け、焼き方まで、パラダイス山元の餃子作りのノウハウが詳しく紹介されている。また、パラダイス山元の餃子へのこだわりや、餃子にまつわるエピソードなども盛り込まれており、餃子好きには必読の一冊となっている。

パラダイス山元のラジオ番組

パラダイス山元は、ラジオパーソナリティとしても活躍しており、2014年からラジオ番組「パラダイス山元の飛行機のある暮らし」をスタートしている。この番組は、パラダイス山元がパーソナリティを務め、飛行機や餃子、音楽など、さまざまなテーマについて語るトーク番組である。

「パラダイス山元の飛行機のある暮らし

日本の餃子専門店は、大きく分けて以下の3つの特徴が挙げられます。

地域性

日本の餃子専門店は、地域によって、その味や特徴が大きく異なります。例えば、宇都宮餃子は、皮が厚くて餡がたっぷり入っているのが特徴です。一方、浜松餃子は、キャベツの比率が高く、あっさりした味わいが特徴です。また、宮崎餃子は、地元産の食材をふんだんに使用した、ジューシーでコクのある味わいが特徴です。

こだわり

日本の餃子専門店では、それぞれのお店が独自のこだわりをもって餃子を作っています。例えば、皮の材料にこだわったり、餡の具材や味付けにこだわったり、焼き方にこだわったりしています。

バリエーション

日本の餃子専門店では、餃子以外にも、さまざまなメニューを提供しています。例えば、餃子定食や餃子ラーメン、餃子ピザなどがあります。また、餃子を使ったスイーツやドリンクなども提供しているお店もあります。

具体的には、以下の点が日本の餃子専門店の特徴として挙げられます。

皮は、薄皮から厚皮まで、さまざまな種類があります。
餡は、豚肉、キャベツ、ニラ、ニンニク、ショウガなどが一般的ですが、そのほかにも、さまざまな具材が使用されています。
味付けは、醤油ベース、味噌ベース、塩ベースなど、さまざまな種類があります。
焼き方は、水餃子、焼き餃子、揚げ餃子など、さまざまな種類があります。

日本の餃子専門店は、餃子の種類や味わいが豊富であり、さまざまな楽しみ方ができます。ぜひ、お近くの餃子専門店を訪れて、お気に入りの餃子を見つけてみてください。

Related posts

  1. ラーメン&餃子のうまい店 首都圏版

  2. 餃子書籍「読む餃子」

  3. 「餃子の創り方」パラダイス山元 (著)

  4. 本日も餃子日和。橘田いずみ (著)

  5. 1冊まるごと おいしい餃子。雑誌紹介:Pen(ペン) 2016年 4/15号

  6. 餃子の教科書

最近の投稿

https://www.nihon-gyouza.org/attachment-sitemap.xml