瀬戸のもち豚を使用した広島餃子

瀬戸のもち豚を使用し米粉の皮で包んだ餃子です。

瀬戸のもち豚で作った広島餃子は、広島県産の豚肉「瀬戸のもち豚」を使った餃子です。瀬戸のもち豚は、広島県福山市の瀬戸牧場で飼育された豚で、良質な飼料を与えて、ストレスのない環境で育てられています。そのため、脂肪が適度にのっていて、柔らかくジューシーな肉質が特徴です。

広島餃子は、豚肉、キャベツ、ニラ、ニンニク、ショウガなどを具材に使った、広島を代表する郷土料理です。瀬戸のもち豚を使った広島餃子は、豚肉の旨味とキャベツのシャキシャキとした食感が楽しめます。また、皮は薄くてモチモチとした食感で、餡とよく絡み合います。

瀬戸のもち豚で作った広島餃子は、ご飯やビールのおつまみとして、また、鍋料理の具材としても美味しくいただけます。

以下に、瀬戸のもち豚で作った広島餃子の簡単レシピをご紹介します。

【材料(2人分)】

瀬戸のもち豚 100g
キャベツ 1/2個
ニラ 1束
ニンニク 1片
ショウガ 1片
塩 小さじ1/2
こしょう 少々
餃子の皮 20枚

【作り方】

瀬戸のもち豚は粗みじん切りにする。
キャベツは千切りにする。
ニラは小口切りにする。
ニンニクとショウガはすりおろす。
ボウルに1〜4の材料を入れて、塩こしょうで味を調える。
餃子の皮に5の餡を包んで、フライパンで焼く。

【ポイント】

瀬戸のもち豚は、粗みじん切りにすると、餡に食感が加わって美味しくなります。
キャベツは、千切りにすると、餡にシャキシャキとした食感が加わって美味しくなります。
ニラは、小口切りにすると、餡に風味が加わって美味しくなります。
ニンニクとショウガは、すりおろすと、餡にコクと風味が加わって美味しくなります。
餃子の皮は、よく伸ばして包むと、破れにくくなります。

ぜひ、ご家庭で瀬戸のもち豚で作った広島餃子を作ってみてください。

Related posts

  1. 宮崎県の本気餃子 宮崎 カンカン屋の餃子をお取り寄せ

  2. 珉珉元祖焼餃子 みんみん 冷凍生餃子 90個パック

  3. 餃子を美味しく作るアイテム紹介(ミンサー)

  4. ご当地餃子ってどれくらいあるの?

  5. 房総ジャンボ餃子

  6. 元祖羽根つき餃子

最近の投稿

https://www.nihon-gyouza.org/attachment-sitemap.xml