南三陸 ぶり餃子

南三陸産ぶり使用

南三陸産ぶりは、宮城県の南三陸沿岸で水揚げされるブリです。南三陸沖の海は、豊かな栄養塩が流れ込むことで、ブリの餌となるプランクトンが豊富に生息しています。そのため、南三陸産のブリは、脂ののりがよく、身が締まった、高品質なブリとして知られています。

南三陸産のブリは、主に「生食」「焼き魚」「煮魚」など、さまざまな料理に使われますが、特に「南三陸産ぶりの刺身」は、その脂ののりと旨味が絶品と評判です。また、ブリの骨を煮込んで作る「ブリのあら汁」も、南三陸の郷土料理として人気があります。

南三陸産のブリは、毎年11月から2月頃にかけて水揚げされます。この時期の南三陸産のブリは、脂がのり、身が締まっているため、特におすすめです。

Related posts

  1. どさんこ もち・プリ チーズ餃子

  2. 餃子の馬渡 馬渡のもっちり餃子

  3. ゆず胡椒餃子

  4. さらさらレッド餃子

  5. 津山餃子

  6. しその風味豊かに香る「旨鶏餃子」

最近の投稿

https://www.nihon-gyouza.org/attachment-sitemap.xml