しその風味豊かに香る「旨鶏餃子」

国産鶏肉を使用。にんにく控えめで、鍋の具としても使える餃子。

紫蘇(しそ)は、シソ科シソ属の一年生草本植物です。日本、中国、東南アジアなどに分布しています。

紫蘇の葉には、青紫蘇と赤紫蘇の2種類があります。青紫蘇は、主に刺身のつまや天ぷらなどの薬味として用いられます。赤紫蘇は、梅干しや紅しょうがなどの色付けに用いられます。

紫蘇には、ビタミンCやβ-カロテン、カルシウムなどの栄養素が豊富に含まれています。また、抗酸化作用や血圧降下作用、抗菌作用などの効能があるとされています。

紫蘇の代表的な食べ方は、以下の通りです。

青紫蘇の使い方
刺身のつま
天ぷらの薬味
和え物
酢の物
漬物
赤紫蘇の使い方
梅干し
紅しょうが
紫蘇茶
紫蘇漬け

紫蘇は、料理や薬膳など様々な用途で用いられる、汎用性の高い植物です。

鍋に入れる餃子は、中華料理の定番メニューの一つです。餃子の皮は水分を含んで柔らかくなり、中身の餡はジューシーに仕上がります。また、具材に野菜や肉などを加えて栄養バランスも良く、寒い季節にぴったりの鍋料理です。

鍋に入れる餃子の作り方は、以下のとおりです。

鍋に水とだしを沸騰させます。
もやし、にら、しめじなどの具材を加えて、火が通ったら餃子を加えます。
餃子が浮き上がってきたら、火を止めて蓋をして3分ほど蒸します。
最後にごま油を回しかけて、お好みでラー油や酢をかけていただきます。

餃子の具材は、豚肉、キャベツ、ニラ、にんじんなどが一般的です。また、エビやきのこ、キムチなどを入れても美味しくいただけます。

鍋に入れる餃子は、作り方が簡単で、様々な具材をアレンジできるので、ぜひお試しください。

以下に、鍋に入れる餃子の簡単レシピをご紹介します。

【材料(2人分)】

餃子(冷凍) 12個
もやし 1袋
にら 1束
しめじ 1パック
水 500ml
だしの素 小さじ1
ごま油 適量

【作り方】

鍋に水とだしの素を入れて火にかけ、沸騰させます。
もやし、にら、しめじを加えて、火が通ったら餃子を加えます。
餃子が浮き上がってきたら、火を止めて蓋をして3分ほど蒸します。
最後にごま油を回しかけて、お好みでラー油や酢をかけていただきます。

【ポイント】

餃子は、あらかじめ常温に戻しておくと、皮が破れにくくなります。
餃子が浮き上がってきたら、すぐに火を止めましょう。そのまま煮すぎると、皮が破れたり、餡が硬くなったりします。
ごま油は、風味をアップさせるために、最後に回しかけるのがおすすめです。

Related posts

  1. 紀北の魚ギョーザ

  2. 宝永餃子80個3,240円でお取り寄せ!

  3. 八丁味噌&名古屋コーチン餃子(たれなし餃子)

  4. 鶏皮餃子

  5. 北海道ぎょうざの宝永をお取り寄せ!

  6. 餃子の馬渡 馬渡のもっちり餃子

最近の投稿

https://www.nihon-gyouza.org/attachment-sitemap.xml