野沢菜餃子

信州名産の野沢菜漬けを使用した和風仕立ての餃子

野沢菜は、アブラナ科アブラナ属の二年生植物です。長野県下高井郡野沢温泉村を中心とした信越地方で栽培されてきた野菜で、特産の野沢菜漬けの材料とされます。高菜、広島菜とともに日本三大漬菜に数えられます。第二次世界大戦後は北海道から熊本まで、全国的に栽培されるようになりました。別名、信州菜。

茎と葉の丈は50 – 90cmにもなる。葉は大きく、濃い緑色で、表面はツヤがあります。根元は白く、甘みがあります。

野沢菜には、ビタミンCやβ-カロテン、カルシウムなどの栄養素が豊富に含まれています。また、抗酸化作用や血圧降下作用、抗菌作用などの効能があるとされています。

野沢菜の代表的な食べ方は、以下の通りです。

野沢菜漬け:野沢菜を塩漬けした漬物です。辛味と酸味が特徴で、ご飯のお供やお酒のつまみにぴったりです。
野沢菜の浅漬け:野沢菜を塩漬けして、すぐに食べられるようにした漬物です。野沢菜のシャキシャキとした食感が楽しめます。
野沢菜の炒め物:野沢菜を炒めた料理です。野沢菜の甘みが引き立ち、ご飯や麺類のおかずにぴったりです。

野沢菜は、栄養価が高く、様々な料理に使える万能な野菜です。ぜひ、いろいろな食べ方で楽しんでみてください。

Related posts

  1. 美ら島あぐー餃子

  2. 上州餃子

  3. 1個50gの黒豚ジャンボ餃子

  4. ぎふ絶品餃子

  5. 米粉の皮の塩レモン餃子

  6. 餃子を美味しく作るアイテム紹介(ミンサー)

最近の投稿

https://www.nihon-gyouza.org/attachment-sitemap.xml