浜松の餃子の歴史

第二次大戦後に、旧満州開拓団の静岡県下四箇団員が帰国し、その一部が浜松出身であったことから浜松に帰り、その人々が餃子を再現したとされている。
他説では、浜松市は戦後、市内の国際マーケットは在日朝鮮人が押さえていたといわれるほど朝鮮人の影響力が強く、その朝鮮人が朝鮮半島から持ち込んだという歴史的背景もあります。

浜松餃子という名前で認知され始めたのは2000年以降。
円形に餃子を並べ、中心に茹でたもやしを添える盛り付けが特徴的。
2006年に浜松市が独自調査を行い市内1世帯あたりの平均年間消費量が1万9400円と、日本一とされている宇都宮市の4710円を上回ったことが分かった。
しかし、この発表は信憑性が薄く、信頼できません。そもそも家計消費のランキング結果から「餃子で日本一」というのは無理がありますね。
美味しい浜松餃子の有名店は市内に多数あると言われています。

浜松餃子の歴史は、戦後間もない頃から始まります。当時、浜松市には多くの中国人が住んでおり、彼らが屋台で餃子を売り始めたのが始まりとされています。

昭和30年代になると、浜松駅周辺に餃子の専門店が続々とオープンし始めました。これらの専門店は、山東省の餃子をベースに、浜松の食材や味覚に合わせて独自のスタイルを確立していきました。

昭和50年代になると、浜松餃子は浜松のソウルフードとして定着し、全国的に有名になってきました。また、浜松餃子を使用した商品開発も活発化し、餃子パンや餃子ピザなど、さまざまな形で浜松餃子が楽しめるようになりました。

近年では、浜松餃子は海外でも人気を集めており、アメリカやヨーロッパなど、世界各国に浜松餃子を提供する店舗がオープンしています。

浜松餃子の特徴は、以下のとおりです。

皮は薄く、モチモチとした食感
餡は豚肉とキャベツをたっぷり使った、ジューシーな味わい
調理方法は、焼き餃子、水餃子、蒸し餃子など

浜松餃子の皮は、小麦粉と水を練って作られ、非常に薄く、モチモチとした食感が特徴です。餡は、豚肉とキャベツをたっぷり使って作られ、ジューシーな味わいが楽しめます。調理方法は、焼き餃子、水餃子、蒸し餃子など、さまざまな方法で楽しめます。

浜松餃子は、そのおいしさと食べ応えで、多くの人々に愛され続けている、浜松の誇るB級グルメです。

Related posts

  1. 焼餃子の発祥はどこだろう?煎餃と貼鍋

  2. ワンタンと餃子の違い。

  3. ことわざ餃子

  4. 焼餃子つけだれマップ

  5. 旅する餃子

  6. 餃子の「つけだれ」を紹介![:en]餃子の「つけだれ」バランス考察と市販品紹介!

最近の投稿

https://www.nihon-gyouza.org/attachment-sitemap.xml