神戸みそダレ餃子

お取り寄せで大人気の餃子です。
神戸みそダレ餃子の歴史は、第二次世界大戦後に始まります。

1951年(昭和26年)、神戸市兵庫区の南京町に「元祖ぎょうざ苑」が創業しました。店主の頃末さんによると、初代・頃末さんの祖父は、旧満州で食べた餃子を日本でも広めたいと考え、お店をはじめました。

当時の日本では、餃子といえば醤油や酢、ラー油などのタレで食べるのが一般的でした。しかし、頃末さんの祖父は、満州で食べた餃子は味噌ダレで食べていたため、神戸でも味噌ダレで餃子を提供することにしました。

これが神戸みそダレ餃子の始まりです。

元祖ぎょうざ苑の味噌ダレ餃子は、たちまち人気となり、神戸のソウルフードとして定着しました。その後、神戸の他の餃子店も味噌ダレ餃子を取り入れるようになり、神戸みそダレ餃子は神戸の名物として広く知られるようになりました。

神戸みそダレ餃子の特徴は、以下のとおりです。

味噌の甘みとコクが餃子の旨味を引き立てる
餃子の皮は薄くてモチモチとしている
餡はジューシーで風味豊か

神戸みそダレ餃子は、焼き餃子、水餃子、蒸し餃子など、さまざまな調理方法で楽しめます。

焼き餃子は、皮の香ばしさと餡のジューシーさが楽しめます。水餃子は、あっさりとした味わいが楽しめます。蒸し餃子は、ふっくらとした食感が楽しめます。

神戸を訪れた際には、ぜひ神戸みそダレ餃子を味わってみてください。

Related posts

  1. 人参餃子

  2. 肉汁たっぷりのジャンボ餃子!

  3. 十勝産生乳100%使用のチェダーチーズ餃子

  4. 紀北の魚ギョーザ

  5. 瀬戸のもち豚を使用した広島餃子

  6. 車のもちもち餃子

最近の投稿

https://www.nihon-gyouza.org/attachment-sitemap.xml