ワンタンと餃子の違い。

ワンタンと餃子

雲を呑むと書いてワンタン。素敵な名前ですよね。
そして餃子とワンタンって似ていますよね。
比較してみましょう。
まずは皮の比較。モランボンで比較してみます。
餃子ワンタンの皮
餃子の皮の原材料
小麦粉、食塩、食用植物油脂、還元水あめ、加工澱粉、酒精、(原材料の一部に、大豆を含む)

ワンタンの皮の原材料
小麦粉、澱粉、小麦たん白、食用植物油脂、食塩、加工澱粉、酒精、pH調整剤、かんすい、卵殻カルシウム、(原材料の一部に、大豆を含む)

餃子の皮は丸くて、ワンタンの皮は正方形。
今まで同じ材料と思っていましたが、ちょっと違うんですね。
日本では、ワンタンは茹でて、餃子は焼くのが主流なので、それを考慮しているんですかね。
ワンタンって漢字で書くと雲呑。雲を呑むってなんだか素敵な表現ですね。
中国では「餛飩」広東では「雲呑」。日本には広東のワンタンが入って来たということですね。

日本ではワンタンより餃子のほうがメジャーですよね。
なんでだろう?
焼きワンタンがないからかな?
焼きワンタンと焼き餃子があったらどうなるだろう?ワンタンより餃子の方が具の量が多いイメージだから、やっぱり餃子の方が人気かな。


水餃子
葛飾区の空家を高値で買い取ります

中国ではワンタンも餃子も茹でるのが主流です。
それじゃあ中国で「ワンタン」と「餃子」は何がちがうのかというと、食べる地域が違います。
大きく分類すると、北部が水餃子で南部がワンタンです。
そして、中国の水餃子は皮が厚く、モチモチしています。ワンタンは日本で食べるワンタンと同様にテロテロしています。

上海に住む上海人の友人に聞いてみたところ、餃子の皮は家で作り、ワンタンの皮はお店で買ってくるといっていました。これは友人だけかもしれませんが、ワンタンの皮が売っているというのは事実ですね。餃子の皮も売っているかもしれませんが。

日本が思っている「餃子」と「ワンタン」
中国が思っている「餃子」と「ワンタン」
ちょっと違いますね。

中国から見た日本は、
餃子……ワンタンの皮で具を包んで焼いている
水餃子…ワンタンの皮で具を包んで茹でている
ワンタン…正解

中国ではワンタンや水餃子でお腹いっぱいにする、いわゆる「主食」のひとつですが、日本では「おかず」だったり「スープの具」って感じですよね。日本のご家庭で夜ごはんに水餃子だけがでてきたら「白飯は?」となる人も多いでしょう。


日本の焼き餃子のルーツなどが気になる方は↓こちらをクリック!


餃子のルーツはこちら

中国から入って来た餃子という食べ物は最初は庶民には浸透しなかった。戦前には九州地方に餃子のような貼鍋というものが伝わって、戦後に焼き餃子が日本に広まったという話。でも、戦後に広まった餃子は漢民族の餃子なのか、満州族の餃子のようなものなのか。それとも大きくミックスされたのか。

貼鍋→台湾から伝わった焼き餃子のような料理
餃子→漢民族が余った餃子を焼いたとされる料理
餃子のようなもの→満州族がたべている焼き餃子のような料理

住宅ローンを滞納したら早めに解決しましょう!

お取り寄せ餃子一覧!

餃子つけだれ一覧


餃子のたれ
つけだれ一覧はこちら!

[:en]まずは皮の比較。モランボンで比較してみます。
餃子ワンタンの皮
餃子の皮の原材料
小麦粉、食塩、食用植物油脂、還元水あめ、加工澱粉、酒精、(原材料の一部に、大豆を含む)

ワンタンの皮の原材料
小麦粉、澱粉、小麦たん白、食用植物油脂、食塩、加工澱粉、酒精、pH調整剤、かんすい、卵殻カルシウム、(原材料の一部に、大豆を含む)

餃子の皮は丸くて、ワンタンの皮は正方形。
今まで同じ材料と思っていましたが、ちょっと違うんですね。
日本では、ワンタンは茹でて、餃子は焼くのが主流なので、それを考慮しているんですかね。


水餃子

中国ではワンタンも餃子も茹でるのが主流です。
それじゃあ中国で「ワンタン」と「餃子」は何がちがうのかというと、食べる地域が違います。
大きく分類すると、北部が水餃子で南部がワンタンです。
そして、中国の水餃子は皮が厚く、モチモチしています。ワンタンは日本で食べるワンタンと同様にテロテロしています。

日本が思っている「餃子」と「ワンタン」
中国が思っている「餃子」と「ワンタン」
ちょっと違いますね。

中国から見た日本は、
餃子……ワンタンの皮で具を包んで焼いている
水餃子…ワンタンの皮で具を包んで茹でている
ワンタン…正解

似てるようでもルーツはずいぶん違いますね。

餃子のルーツはこちら

餃子とワンタンは、どちらも小麦粉の皮で具を包んだ料理ですが、いくつかの違いがあります。

餃子は通常、丸い形をしていますが、ワンタンは正方形の形をしています。

皮の厚さ

餃子の皮はワンタンの皮よりも厚く、噛みごたえがあります。

具材

餃子の具材は、豚肉、キャベツ、ニラ、ニンニクなどが一般的です。ワンタンの具材は、豚肉、エビ、キノコ、野菜など、さまざまな種類があります。

調理方法

餃子は、焼く、蒸す、揚げるなどの方法で調理されます。ワンタンは、茹でるのが一般的です。

餃子は、皮と具材のバランスがよく、食べ応えがあります。ワンタンは、具材の旨味が凝縮された、あっさりとした味わいが特徴です。

主な食べ方

餃子は、ご飯のおかずとして、またお酒のおつまみとして食べるのが一般的です。ワンタンは、スープの具材として、また単品で食べるのが一般的です。

地域性

餃子は、中国や日本、韓国など、アジアのさまざまな地域で食べられています。ワンタンは、中国や台湾、ベトナムなど、東南アジアの地域で食べられています。

まとめ

餃子とワンタンは、どちらもおいしい料理ですが、形、皮の厚さ、具材、調理方法、味、主な食べ方、地域性など、いくつかの違いがあります。

ワンタンの起源は、中国の春秋時代(紀元前771年~紀元前476年)にまで遡ります。1978年、山東省滕州の春秋時代中期から末期にかけての遺跡で、青銅器の一つに白く三角形の具を包んだ整然と並ぶ食品が発掘されました。これが餃子やワンタンの原型と考えられています。

「馄饨」という漢字は、古代中国の書物である「周礼」や「礼記」に登場する言葉で、小麦粉の皮で具を包んだ料理を指します。馄饨は、中国の各地でさまざまな形や具材で作られ、食べられていました。

唐代(618年~907年)になると、馄饨はさらに発展し、さまざまな種類の馄饨が作られるようになりました。その一つが、広東語で「雲吞」と呼ばれるワンタンです。雲吞は、豚肉やエビなどの具材を、薄く伸ばした小麦粉の皮で包んだ料理です。

宋代(960年~1279年)になると、雲吞は中国各地に広まり、庶民の食べ物として親しまれるようになりました。また、この頃になると、雲吞をスープに入れた「雲吞麺」が考案され、広く食べられるようになりました。

明代(1368年~1644年)になると、雲吞はさらに洗練され、さまざまな種類の具材や調理法が開発されました。また、この頃になると、雲吞は中国から海外にも伝わり、日本や韓国などでも食べられるようになりました。

現代では、ワンタンは中国や東アジアのさまざまな地域で食べられている、ポピュラーな料理です。日本でのワンタンは、スープに入れた「ワンタン麺」や、焼き餃子のように焼いた「焼きワンタン」など、さまざまな食べ方で楽しまれています。

ワンタンは、中国の古くから伝わる伝統的な料理です。そのおいしさと親しみやすさから、世界中で愛され続けています。

ワンタンは、中国全土で食べられている料理です。地域によって、ワンタンの呼び名や形、具材、調理法などが異なります。

中国

中国では、ワンタンを「餛飩(フントゥン)」と呼びます。中国北部では、豚肉やキャベツ、ニラなどの具材を包んだ、シンプルなワンタンが一般的です。中国南部では、エビやキノコ、野菜などを使った、さまざまな具材のワンタンが食べられています。

香港

香港では、ワンタンを「雲吞(ワンタン)」と呼びます。エビと豚肉を具材とした「蝦仁雲吞」が有名です。また、ワンタンをスープに入れた「雲吞麺」も人気です。

台湾

台湾では、ワンタンを「雲吞(ワンタン)」と呼びます。豚肉やエビ、キノコなどを具材とした、さまざまな種類のワンタンが食べられています。また、ワンタンをスープに入れた「雲吞湯」も人気です。

ベトナム

ベトナムでは、ワンタンを「Bún mọc」と呼びます。豚肉やエビ、キノコなどの具材を包んだワンタンを、コーンミールの麺やスープと一緒に食べます。

日本

日本では、ワンタンを「ワンタン」と呼びます。豚肉やエビ、野菜などを具材とした、さまざまな種類のワンタンが食べられています。また、ワンタンをスープに入れた「ワンタン麺」や、焼き餃子のように焼いた「焼きワンタン」なども人気です。

このように、ワンタンは中国や東アジアのさまざまな地域で食べられている、ポピュラーな料理です。そのおいしさと親しみやすさから、世界中で愛され続けています。

中国では、ワンタンと餃子は、どちらも代表的な料理ですが、地域によって、主に食べられる料理が異なっています。

北部では、水餃子(シュイザー)が主流です。水餃子は、小ぶりで薄い皮の餃子を、茹でて食べます。具材は、豚ひき肉、キャベツ、ニラなどが一般的です。

南部では、ワンタン(ワンタン)が主流です。ワンタンは、餃子よりも小ぶりで、皮が厚いのが特徴です。具材は、豚ひき肉、エビ、キャベツ、ニラなどが一般的です。ワンタンは、スープに入れたり、油で揚げたり、炒めたりして食べます。

このように、中国では、ワンタンと餃子が、地域によって、主に食べられる料理が異なっています。その理由としては、以下のようなものが挙げられます。

気候

中国は、北部と南部で気候が大きく異なります。北部は、寒冷な気候で、寒さ対策として、温かい料理が好まれます。一方、南部は、温暖な気候で、さっぱりとした料理が好まれます。

食材

中国は、広大な国土を有しており、地域によって、食材の入手しやすさや、好みなどが異なります。北部では、豚肉やキャベツ、ニラなどの食材が豊富に手に入ります。一方、南部では、エビや魚介類などの食材が豊富に手に入ります。

歴史

中国では、ワンタンと餃子は、古くから食べられていた料理です。ワンタンは、北方民族の料理として発展し、餃子は、南方民族の料理として発展しました。

このように、ワンタンと餃子は、中国の歴史や文化を反映した料理と言えるでしょう。

Related posts

  1. 焼餃子の発祥はどこだろう?煎餃と貼鍋

  2. 「進化系餃子」から「餃子味の何か」までを紹介!

  3. 2024年の餃子の日は2月10日の旧正月です!餃子パーティー!

  4. 神戸の餃子はなぜ「味噌だれ」なのか

  5. 今、日本で一番餃子が熱いのは「宮崎県」!?

  6. [:ja]2017年1月28日は世界で一番餃子を消費する日(餃子の日)[:]

最近の投稿

https://www.nihon-gyouza.org/attachment-sitemap.xml