博多一風堂 ひとくち餃子

鉄鍋餃子とは、鉄鍋で焼いた餃子のことです。鉄鍋の熱によって、餃子の皮がパリッと焼き上がり、餡がジューシーに仕上がります。

鉄鍋餃子の起源は、福岡県の博多といわれています。博多では、鉄鍋餃子は、もつ鍋や水炊きなどの鍋料理の定番サイドメニューとして親しまれています。

鉄鍋餃子の特徴は、以下のとおりです。

皮がパリッと、餡がジューシー
鉄鍋の香りが楽しめる
鍋料理のサイドメニューとしてぴったり

鉄鍋餃子は、家庭でも簡単に作ることができます。

材料(4人分)

餃子の皮 40枚
豚ひき肉 200g
キャベツ 1/2個
ニラ 1/2束
にんにく 1片
しょうが 1片
塩 小さじ1/2
こしょう 少々
ごま油 小さじ1

作り方

キャベツはみじん切り、ニラは小口切り、にんにくはすりおろし、しょうがはみじん切りにする。
ボウルに豚ひき肉、キャベツ、ニラ、にんにく、しょうが、塩、こしょうを入れて混ぜ合わせる。
餃子の皮に餡を包み、鉄鍋に並べる。
餃子の皮がパリッと焼けたら、ごま油を回しかけて完成。

鉄鍋餃子は、アレンジもいろいろ楽しめます。

餡に、エビやキノコ、チーズなどを加えてもおいしくいただけます。
餃子の皮の代わりに、春巻きの皮や生地を使っても作ることができます。
鉄鍋餃子を煮込みにして、スープ餃子にしてもおいしくいただけます。

鉄鍋餃子は、ぜひ一度お試しください。

貼鍋餃子とは、鍋に餃子を貼り付けて焼く餃子です。鍋の熱によって、餃子の皮がくっつき、パリッと焼き上がります。

貼鍋餃子の起源は、中国の東北部といわれています。東北部は、寒冷地であり、餃子は鍋でよく食べられています。貼鍋餃子は、鍋の熱を効率よく利用できる、寒冷地に適した調理法です。

貼鍋餃子の特徴は、以下のとおりです。

皮がパリッと、餡がジューシー
鍋の熱を効率よく利用できる
寒冷地に適した調理法

貼鍋餃子は、家庭でも簡単に作ることができます。

材料(4人分)

餃子の皮 40枚
豚ひき肉 200g
キャベツ 1/2個
ニラ 1/2束
にんにく 1片
しょうが 1片
塩 小さじ1/2
こしょう 少々
ごま油 小さじ1

作り方

キャベツはみじん切り、ニラは小口切り、にんにくはすりおろし、しょうがはみじん切りにする。
ボウルに豚ひき肉、キャベツ、ニラ、にんにく、しょうが、塩、こしょうを入れて混ぜ合わせる。
餃子の皮に餡を包み、鍋に並べる。
餃子の皮がパリッと焼けたら、ごま油を回しかけて完成。

貼鍋餃子は、アレンジもいろいろ楽しめます。

餡に、エビやキノコ、チーズなどを加えてもおいしくいただけます。
餃子の皮の代わりに、春巻きの皮や生地を使っても作ることができます。
貼鍋餃子を煮込みにして、スープ餃子にしてもおいしくいただけます。

貼鍋餃子は、ぜひ一度お試しください。

貼鍋餃子と鉄鍋餃子は、どちらも鍋で焼く餃子ですが、調理法にはいくつかの違いがあります。

貼鍋餃子は、餃子を鍋に貼り付けて焼くのに対し、鉄鍋餃子は、餃子を鍋に並べて焼きます。そのため、貼鍋餃子の方が、餃子の皮がくっつきやすく、パリッと焼き上がりやすくなります。また、貼鍋餃子は、鍋の熱を効率よく利用できるため、鉄鍋餃子よりも短時間で焼き上げることができます。

どちらの餃子も、皮がパリッと、餡がジューシーに仕上がり、おいしくいただけます。ぜひ、お好みの調理法で、餃子をお楽しみください。

Related posts

  1. 八丁味噌&名古屋コーチン餃子(たれなし餃子)

  2. 宮崎県の本気餃子 宮崎 カンカン屋の餃子をお取り寄せ

  3. 絶品たまねぎ餃子

  4. 新緑のふき餃子

  5. 男の餃子

  6. えびしそ餃子

最近の投稿

https://www.nihon-gyouza.org/attachment-sitemap.xml