宇都宮の餃子の歴史

昭和初期に宇都宮エリアの日本軍が、旧満州(現在の中国東北地方周辺)の地を治めるために向かった。
当時の旧満州は日本・関東軍が実権を握っていたため、宇都宮エリアの日本軍だけでなく、様々な目的で日本全国の人々が満州の地へ踏み入れた。

そして第二次世界大戦の終戦後に帰還した日本人が祖国へ帰った。宇都宮エリアにも多くの帰国した日本人がおり、その人々が餃子を再現したことが背景にある。

そして餃子が定着したのは、餃子に使う食材(小麦粉、ニラ、豚肉、白菜など)の産地だったのも理由のひとつだとか。

Related posts

  1. ワンタンと餃子の違い。

  2. 2024年の餃子の日は2月10日の旧正月です!餃子パーティー!

  3. ことわざ餃子

  4. 焼餃子の発祥はどこだろう?煎餃と貼鍋

  5. [:ja]2017年1月28日は世界で一番餃子を消費する日(餃子の日)[:]

  6. 旅する餃子

最近の投稿

https://www.nihon-gyouza.org/attachment-sitemap.xml