北九州の餃子の歴史

「餃子は中国では水餃子が主食で、余った餃子を焼いて食べていた」という餃子の全体的な認識があると思いますが、実は中国にも「焼餃子」的な文化はあるんです。

餃子というのは、中国の中部〜東北地方での呼び名。
南にいくと雲呑(ワンタン)を食べます。

そして中国の南部では「貼鍋(ぐおてぃえ)」があります。
中国人からしてみれば餃子ではないと思いますが、
日本人からすると焼き餃子にそっくりに見えるんですよね。

※ご当地餃子会は「貼鍋」も「餃子」と認識しています。

明治時代から、北九州地方と中国大陸との貿易関係により、鉄鍋で焼く餃子として広まったという説が有力です。

「貼鍋(ぐおてぃえ)」は現在中国の上海でも、ランチなどで人気がある料理のひとつです。

Related posts

  1. ワンタンと餃子の違い。

  2. 焼餃子の発祥はどこだろう?煎餃と貼鍋

  3. 今、日本で一番餃子が熱いのは「宮崎県」!?

  4. 餃子に合う香辛料

  5. 餃子の焼き方

  6. 餃子の「つけだれ」を紹介![:en]餃子の「つけだれ」バランス考察と市販品紹介!

最近の投稿

https://www.nihon-gyouza.org/attachment-sitemap.xml