中国の餃子の具について

餃子の具についての話です。
実体験に基づいて話します。といっても主観ですけど。
中国で食べる餃子は、ひき肉(ブタ肉)と白菜のみの具が多く、広州・香港・台湾など南部はもう少し具にいろんな調味料が入っていた気がします。

大概は、丼に味のついてないお湯に浸かったシンプルな水餃子を、香酢で食べる感じでした。

とりあえずボクはあまり好んで食べてはいませんでした。
ボクは焼き小籠包か、普通の蒸した大きめの小籠包、あとは肉まん(大包)の方が好きでした。

その点で、中国の方が日本に来て餃子を食べたら、きっといろんな意味でびっくりすると思う。
そして餃子をおかずにごはんを食べることにも抵抗はあると思う。

中国の方からすると「餃子」は日本人が食べる「うどん」にちかいのかな?

Related posts

  1. 北九州の餃子の歴史

  2. 神戸の餃子はなぜ「味噌だれ」なのか

  3. 麻婆餃子ってある?麻婆豆腐ってどういう意味?意外な事実。アバタのババアが作ったもの?

  4. 「炊き餃子」流行りのトレンド餃子

  5. ワンタンと餃子の違い。

  6. 餃子に合う香辛料

最近の投稿

https://www.nihon-gyouza.org/attachment-sitemap.xml