LINEで送る

焼餃子の発祥はどこだろう?

  • HOME »
  • 焼餃子の発祥はどこだろう?

日本の焼き餃子の元祖についは、歴史的資料の裏付けがなく、あくまで一つの説として紹介します。
焼き餃子が日本に普及したのは戦後(第二次世界大戦)のことで、華僑からではなく、 中国東北地方(旧満州)から帰還した日本人が、現地で食した焼き餃子を再現し、作り広まったという説が有力です。

戦後の同時期に日本の各地から普及したため、発祥地を特定するのは困難ですが、
奇跡的に当時から続く中華料理店は、数店舗現存しています。

旧満州から帰還した数多くの日本人が試行錯誤して作り上げた「焼餃子」だからこそ、 今日まで続いているのではないでしょうか。

PAGETOP