LINEで送る

ワンタンと餃子の違い

  • HOME »
  • ワンタンと餃子の違い

皮の話をすると、ワンタンも餃子も同じです。
ワンタンの方が小さくて、正方形なだけ。

日本では、ワンタンは茹でて、餃子は焼きますよね。

じゃあいったい、なにが違うんだろう。
現在、中国では餃子の皮は厚くて、ワンタンの皮は薄いんです。

日本が思っている「餃子」と「ワンタン」の定義と、
中国が思っている「餃子」と「ワンタン」の定義は、
違うということです。

中国から見た日本は、
餃子……ワンタンの皮で具を包んで焼いている
水餃子…ワンタンの皮で具を包んで茹でている
ワンタン…正解

そして焼餃子は別ジャンルの南部地方の料理です。
それが「貼鍋(グオティエ)」。

鉄製の鍋に餃子を敷き詰める(中国の表現では「貼る」)。それで焼く料理です。
これは餃子でもワンタンでもない「貼鍋」です。

ご当地餃子会では貼鍋も餃子として考えています。

ワンタンを餃子として捉えるには、日本では難しいけれど、
焼ワンタンは、たぶん日本の焼餃子と同類と考えるでしょう。

ちなみに、小籠包と焼小籠包も違う食べ物です。
焼小籠包というのは中国では「生煎」です。
蒸すと焼くでは別物なんです。

ご当地餃子会としては、焼小籠包(生煎)も餃子として入れたいのですが。。。

PAGETOP