焼餃子の「つけだれ」について考察しました。

醤油5:酢5:ラー油1
醤油と酢のバランスは地域によって異なり、餃子を楽しんでいるようです。

焼き餃子に合うスパイスはラー油のほかにも、「和からし」「七味唐辛子」「こしょう」「ゆずこしょう」を合わせても美味しいですよね。
カリっと焼いた餃子にタレをつけるのはもったいないという意見もあり、具に味のついた「たれなし餃子」も魅力的!

市販されている餃子のつけだれを紹介します。

市販されているつけだれ一覧

餃子のたれ(和風仕立て):ユウキ


かつお・こんぶだしを効かせた和風仕立ての餃子のたれです。
原産国 : 日本
原材料 : 醤油(小麦を含む)、醸造酢、魚介エキス、砂糖、食塩
↑ちょっと買ってみる!

餃子のたれ:モランボン


醤油と3種類の酢(醸造酢・りんご酢・大麦黒酢)をブレンドし、ごま油と香味野菜の風味を効かせました。
餃子の皮といえば「モランボン」。そのモランボンから出ている「餃子のたれ」。
ここで買える!

餃子のタレ 鉄ラー油入:大阪王将


伝統の鉄ラー油入りの本格つけだれ!餃子を食べるならコレ!
大阪王将名物鉄ラー油と独自の風味の醤油がアクセント♪
絶品の餃子のタレが完成!!
大阪地場醤油の河内屋又兵衛醤油を使用!!
↑ちょっと買ってみる!

餃子のたれ:マルキン


原材料:しょうゆ(脱脂加工大豆(遺伝子組換えでない)、大豆(遺伝子組換えでない)小麦を含む)、ぶどう糖果糖液糖、醸造酢、ごま油、食塩、砂糖、調味料(アミノ酸等)、酸味料、アルコール、香辛料抽出物
↑ちょっと買ってみる!

餃子のたれ:ベル食品


北海道産の餃子のたれ。すっきりとした酸味と旨味のあるしょうゆだれ。春巻、シューマイにも最適です。
ここで買える!

ぎょうざのたれ:ミツカン


↑ちょっと買ってみる!

神戸餃子味噌たれ:オリバー


味噌たれで餃子を楽しむのが神戸流!
ピリッと辛い味噌とにんにくの旨味が効いた餃子たれです。
炒め物、蒸し鶏のたれ、生姜焼きにもおすすめです。
ご家庭でも本場の味を是非お楽しみください。
↑ちょっと買ってみる!

餃子のたれ(みそ味):米五


餃子専門店でも大人気!完全無添加で焼肉やおでんにも。
↑ちょっと買ってみる!

餃子の王国オリジナルタレ


↑ちょっと買ってみる!

餃子の達人【餃子のたれ 味噌だれ】梅酢 柚子 使用


こくのある味噌に梅酢の酸味と柚子の香り
餃子専用たれの味噌だれ
中華サラダ、和え物のタレとして。
マヨネーズと合わせてドレッシングとして。
餃子をさっぱりといただけます。
↑ちょっと買ってみる!

ぎょうざのたれ:マルキン


原材料:しょうゆ、醸造酢、砂糖、アルコール、調味料(アミノ酸等)、(原材料の一部に大豆、小麦を含む)
↑ちょっと買ってみる!

万能うまだれ味禅


原材料:醤油、醸造酢、三温糖、白ごま、紹興酒、生姜、蜂蜜、葱、レモン果汁、にんにく、綿実油、ごま油、発酵調味料、ローズマリー抽出物(原材料の中に大豆、小麦を含む)
↑ちょっと買ってみる!

餃子のタレの醍醐味の素


醤油とお酢の分量を加減して、我が家の「餃子のタレ」を作る醍醐味が味わえます!
お好みの比率で醤油とお酢を入れて数時間待つと、山椒が香る「自家製餃子のタレ」の完成。
比率を変えたり、追加の具材で味を整えたりする楽しさも味わうことができます。
↑ちょっと買ってみる!

いかがでしたか?
様々なタレがあるんですね。
いろいろ試してみたくなりました。
具に混ぜたりするとまた新しい感じなのかな?

餃子に合わせる調味料の紹介はこちら